===重要===
援助交際に関する
法律改正が決定!
========

13日に国会で出会い系サイト上で援助交際を行う不正者に対する新しい法律が提出され、まもなく可決されます。これにより援助交際・または援助交際を誘発する行為を行った者(誘う方も誘われる方も同罪)を年令に関係なく最高で100万円以下の罰金、さらに18才未満のユーザーの使用を制限、といった法律がほぼ決定しました。「援助して」という単語でなくても結果的に援助交際を誘発する「助けて」「困ってます」「3で」などの発言もすべて同様です。バツイチ応援団では法律に遵守し、今後も違反者を発見次第、随時警察へ通報して参ります。以下にニュースの文章を転載しておきます。
共同通信社
3/13日18:25

 「出会い系サイト」を利用した児童買春の防止を目指す警察庁の「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律案」が2003年3/13日、まとまった。14日に閣議決定し、同日中に国会に提出される。
 法案は、出会い系サイトを(1)面識のない異性との交際希望者の情報をネットに掲載(2)希望者がメールなどで相互に連絡できるようにする(3)反復継続した「事業」として行う−と定義。
 サイトを利用して、18歳未満の未成年者と性的関係を持つことや有償での交際の勧誘行為を禁止。違反者に対する罰則は、年齢や性別を問わず「100万円以下の罰金」とした。
 サイト運営者に対しては、未成年者が出会い系サイトを利用できないことの明示と、利用者の年齢確認を義務付けた。運営者が都道府県公安委員会の是正命令に従わない場合の罰則は「6月以下の懲役か100万円以下の罰金」とした。

戻る